[Walkman40周年] 初代ウォークマン SONY ステレオカセットプレーヤー TPS-L2

初代Walkman TPS-L2と付属ヘッドホンのMDR-3L2
初代Walkman TPS-L2と付属ヘッドホンのMDR-3L2。

Walkman

1979年以前、携帯音楽プレーヤーは世の中に存在しておらず、家の外でヘッドホンをつけて音楽を楽しむという文化もなかった。移動中に音楽を聞くためにカセットデンスケ「TC-D5」(1.7Kgのレコーダー)を持ち歩いていた井深名誉会長(当時)が、コンパクトなカセットレコーダー「プレスマン」に再生だけでいいからステレオ回路を付けて欲しいと要望したことから開発が始まったという。

カセットデンスケ「TC-D5」、プレスマン「TCM-100」、初代ウォークマン「TPS-L2」
カセットデンスケ「TC-D5」、プレスマン「TCM-100」、初代ウォークマン「TPS-L2」の大きさ比較。
ウォークマンとプレスマン
ウォークマンとプレスマン
ベースとなったプレスマンTCM-100(中)とTCM-100B(右)との比較。形だけでなくボタンの配置もほぼ同じ。特にブラック(TCM-100B)がウォークマンっぽい。ちなみにプレスマンの赤いボタンは録音ボタン。

再生専用とする英断がなされたその機器は「ウォークマン」と名付けられ、1979年7月1日に発売となった。色は若者のブルージーンズをイメージしたという青(メタリックブルー)。別部門で開発されていた軽量ヘッドホン「MDR-3L2」が付属した。発売当初こそ売れ行きが思わしくなかったが、営業の努力で翌月中に初期ロット3万台を売り尽くし、半年品不足が続くヒット商品となった。その後、ウォークマンは幾多のモデルチェンジを繰り返しながら、カセットタイプだけでも2010年の販売終了までに全世界で累計2億2000万台出荷され、スマートフォン登場まで続く携帯音楽プレーヤー市場を作った。

和製英語「Walkman」に抵抗感のあった海外販売会社では、「Soundabout」(米)、「Stowaway」(英)、「Freestyle」(豪)、など様々なネーミングとなったが、訪日外国人の口コミなどによって世界的に「Walkman」の認知度が高まったことから、結局は統一された。後に「Walkman」は、広辞苑やOxford English Dictionaryにも掲載されるなど、携帯音楽プレーヤーの代名詞ともなった。

HOTLINE

ボタン
プレスマン譲りの操作ボタン類。ガシャッと押し込むメカニカルボタン。ボリュームが左右別になっているのが本格的。
TPS-L2 HOTLINEボタン
ヘッドホン端子は2つ。再生専用機にも関わらずマイクが付いているのは、配置的にプレスマンの名残のように見えますが、ホットライン機能用です。デザイン上のアクセントとなっているオレンジのHOTLINEボタンを押すと、テープの音量が下がり、マイクで周囲の音を拾います。カップルで音楽を聴いている最中に会話するためのギミックということでしたが・・・。
説明書
腹ペコカップルによるHOT LINEボタンの使いかた。説明書より。
カセットテープ
フタを開いたところ。写真のカセットテープはAHFシリーズ。
電池
電池は単3電池2本。写真の電池は最近のSTAMINAアルカリ乾電池。3V外部電源端子もあります。
TONE音質切換スイッチ
使用するテープによって切換えます。ノーマルならHIGH。

GUYS & DOLLS

TPS-L2にはロットにより、いくつかバリエーションが確認されています。

GUYS & DOLLS ロゴマークの違い
ロゴマークの違い。左から、ロゴなし(初期)、シールロゴ(中期)、新ロゴ(後期)。
TPS-L2専用カバーの違い
専用カバーの違い。左から、フタあり(初期)、フタなし(後期)。フタは邪魔だったということでしょう。本来、本体を守るはずのこのカバーがとんだ曲者で、長期間カバーを付けていると本体の銀色の塗料が剥がれるという悲劇を生みました。現存するほとんどのTPS-L2の銀色の部分が汚れているように見えるのはそのため。
ヘッドホン端子刻印の違い 「GUYS & DOLLS」と「A & B」
ヘッドホン端子の刻印の違い。2つのヘッドホン端子には遊び心か初期ロットではGUYS & DOLLSと刻印されていましたが、間もなくAとBに変更されました。おそらくシリアル番号30,000番ぐらいまでがGUYS & DOLLSになっているものと思われます。
背面STEREOロゴの違い
背面STEREOロゴの違い。左から、白(最初期)、凹モールド。
再生ボタンマークの違い
再生ボタンマークの違い。左から、プレスマン、緑(最初期)、黒。

Guardians of the Galaxy (GotG)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのスターロード(クイル)が愛用していたウォークマンは後期型の新ロゴタイプ。クイルのヘッドホンはMDR-3L2ではなくMDR5aのようです。(写真とも異なります。)

Guardians of the Galaxy Walkman
左はパチモン感が半端ないけど雰囲気十分なヘッドホン付きMP3再生可能TOY(amazon)。右のヘッドホンはWM-2付属のMDR-4。オレンジ色のイヤーパッドーはSoundLAB社のLightweight Orange Stereo Headphone (amazon)のもの。

AFTER TPS-L2

その後、様々なメディアのウォークマンが発売されました。
・初代FM WALKMAN : SRF-40 (1980) ←ラジオ?
・初代DISCMAN(後のCD WALKMAN) : D-50 (1984)
・初代DAT WALKMAN : TCD-D3 (1990)
・初代MD WALKMAN : MZ-1 (1992)
・初代Memory Stick WALKMAN : NW-MS7 (1999)
・初代Flash Memory WALKMAN : NW-E3 (2000)
・初代HDD WALKMAN : NW-HD1 (2004)

ウォークマンたち

カセットウォークマンの方は小型化されていきました。

WM-EX651との比較
カセットウォークマン最終型WM-EX651 (2004)との比較。

※写真の無断転用・無断転載を禁じます。

SONY ステレオカセットプレーヤー Walkman TPS-L2
標準価格 33,000円 (1979年当時)

参考文献:ソニー自叙伝 ソニー広報部

What's New @物欲レジェンド
What's New @物欲レビュー

back

COPYRIGHT©1998-2019 WATARU AOKI ALL RIGHTS RESERVED